Posted by: pocjapan | Dec 13, 2011

11年12月3日協議会プログラム

ラウンドテーブル
「非核三原則」法制化への課題

日時: 2011年12月3日(土)午後1時30分~5時30分 (開場: 午後1時)
場所: 明治学院大学白金キャンパス2号館2201教室
主催: 核兵器廃絶日本政策評議会(POCJAPAN)
後援: 明治学院大学国際平和研究所(PRIME)

開会 13:30

【セッション1】非核法案の検討(法律論) 13:40~15:20
*コーディネーター: 浦田賢治(早稲田大学名誉教授/国際反核法律家協会副会長)
*基調発言者: 永尾廣久(日弁連憲法委員会委員長)
*発言者:① 山田寿則(明治大学) 他国の例など
       ② 田巻一彦(NPO 法人ピースデポ副代表) 持ち込み密約問題
*討論

休憩

【セッション2】法案実現のために(実践論) 15:40~17:20
*コーディネーター: 内藤雅義(日本反核法律家協会理事)
*基調発言者: 稲見哲男(衆議院議員、PNND日本事務局長)
          福島みずほ(社会民主党党首)
*発言者:① 大久保賢一(弁護士、日弁連の憲法委員会プロジェクトチーム)
       ② 吉田謙介(外務省軍備管理軍縮課長)
       ③ 田中煕巳(日本原水爆被害者団体協議会事務局長)
*討論

閉会 17:20

プロフィール

浦田 賢治 早稲田大学名誉教授、国際反核法律家協会副会長
非核3原則に関する著作:「非核政策と非核立法:ニュージーランドの場合」比較法学22巻2号(早稲田大学比較法研究所、1991);「非核自治体・非核条例・非核三原則:日本の非核地帯化に関する研究」人権と憲法裁判(成文堂、1992)。最近の著作:核抑止の理論―国際法からの挑戦(憲法学舎発行・日本評論社発売、2011年12月)

永尾 廣久 日弁連憲法委員会委員長
1948年 福岡県大牟田市の生まれ。三池炭鉱は10年前に閉山。
1974年 弁護士登録は初め横浜弁護士会(川崎市)、そして1977年に福岡県弁護士会へ登録換え。不知火合同法律事務所(福岡県大牟田市。現在は弁護士法人しらぬひ)
2001年 福岡県弁護士会の会長
2002年 日本弁護士連合会の副会長(国際人権問題委員会の担当)
2011年 日弁連憲法委員会の委員長(6月から、現職

山田 寿則 明治大学法学部兼任講師、国際反核法律家協会理事
著書・訳書:ジョン・バロース著『核兵器の違法性―国際司法裁判所の勧告的意見』(共訳・早稲田大学比較法研究所叢書27号)、メラフ・ダータン他著『地球の生き残り 解説モデル核兵器条約』(共訳・日本評論社)、『核不拡散から核廃絶へ』(共著・日本評論社)、『核抑止の理論』(共著・日本評論社)など。
核兵器使用の違法性や核兵器禁止条約を中心に研究、発言を行なっている。

田巻 一彦 NPO法人ピースデポ副代表
1953年東京生まれ。70年代から神奈川で日韓連帯運動、反核平和運動に参加。脱軍備ネットワーク・キャッチピース・運営委員を経て、98年ピースデポ発足に参画(2000年にNPO法人化)。現在副代表。情報誌「核兵器・核実験モニター」編集長。

内藤 雅義 日本反核法律家協会理事
1950年生まれ。東京都立大学卒業。弁護士(東京弁護士会所属)。日本弁護士連合会被爆者援護法調査研究委員会委員、原爆症認定集団訴訟東京弁護団幹事長や核兵器廃絶市民連絡会の連絡責任者などを務める。09年、ICNND(核不拡散・核軍縮に関する国際委員会)日本NGO連絡会共同代表を務めた。なお、関与した訴訟としては、百里基地訴訟、東京HIV訴訟、ハンセン病国賠訴訟等がある。

稲見 哲男 衆議院議員、PNND日本・事務局長、民主党核軍縮議連・幹事
大阪府第5区選出 総務委員会筆頭理事 憲法審査会委員 民主党大阪府総支部連合会副代表 民主党震災対策本部 福島県対策室長

福島 みずほ 社民党党首、参議院議員
1955 年宮崎県生まれ。東京大学法学部卒業。社民党党首、参議院議員、第二東京弁護士会所属の弁護士。2009 年9 月?2010 年5 月、3 党連立政権に加わり内閣府特命担当大臣を務める。環境・人権・男女平等・平和・雇用を五本柱に据え、DV防止法や児童虐待防止法、労働者派遣法の改正、脱原発と自然エネルギー促進法案の実現などに取り組んでいる。著書に『迷走政権との闘い』(アスキー新書)、『福島みずほと31 人が命を語る』(社民党機関紙宣伝局)、『娘たちへ』(岩崎書店)、『憲法を手に格差と戦争をくいとめよう』(明石書店)など多数。

大久保 賢一 日本反核法律家協会事務局長
1947年長野市生まれ。長野高校を経て、東北大学法学部卒業。法務省人権擁護局等に勤務。1979年に弁護士登録(埼玉弁護士会所属)。日本反核法律家 協会事務局長。著書に「憲法ルネサンス~パンと自由と平和を求めて~」(イクォリティ)、「体験!日本国憲法」「日本国憲法からの手紙」「護憲論入門」「憲法と平和を考える」(学習の友社)

吉田 謙介 外務省軍備管理軍縮課長
1964年岡山県生まれ。1987年東大法卒、外務省入省。ロシア語を研修し、モスクワに二度在勤したほか、国連代表部(ニューヨーク)、本省各部局等の勤務を経て、2011年4月より現職。

田中 熙巳 日本被爆者団体協議会事務局長
長崎で被爆。5人の身内の命を一挙に奪われ、伯母を野原で荼毘に付す。60年~96年、東北大学工学部で研究・教育にあたる。74年から被爆者運動に関わり、2000年から日本被団協事務局長に。78年の第1回国連軍縮特別総会をはじめ、国内外での被爆の実相証言活動を行う。2010年NPT再検討会議の期間を含め8週間、「核兵器のない世界をめざす」パネル(50枚)展を国連本部メインギャラリーで日本被団協が主催。

Posted by: pocjapan | Dec 13, 2011

11年12月3日協議会への招待状

「核兵器廃絶日本政策評議会」
12月ラウンドテーブル(12月3日・午後)へのご招待

各位

 拝啓 お元気でご活躍のことと存じます。
 昨年10月8日に日弁連が「法律家団体として、非核三原則を堅持するための法案を提案し、広く国民的議論をよびかける」などの方針を含む画期的な宣言を採択しました。その後、憲法委員会を中心に法案の起草の努力をしてこられました。
 そこで、当評議会では12 月3 日(土)午後、明治学院大学白金キャンパスにおいて、法制化に関する現段階での検討内容について、憲法委員会委員長:永尾廣久(ながおひろひさ)弁護士(福岡)から話を頂き、議論を深めるためのラウンドテーブル協議会を開催します。
 詳しくは、添付の開催要項(案)をご覧ください。(※本ブログの「11年12月3日協議会プログラム」を参照)
 協議会は、非核法案の法律論からの論点について討議するセッション1と法案を実現するために必要な諸課題について議論するセッション2で構成する予定です。
 急な案内になってしまいましたが、ぜひご参加下さいますようお願いいたします。なお、会はご招待させていただいた方のみの場とし、チャタムハウス・ルールで運営いたします。

                           2011年11月9日
                             核兵器廃絶日本政策評議会代表 梅林宏道

Posted by: pocjapan | Jul 28, 2011

MIDDLE POWERS INITIATIVE DRAFT (June 28, 2011)

MIDDLE POWERS INITIATIVE DRAFT
June 28, 2011

Draft Resolution: A Secure World Without Nuclear Weapons
The General Assembly,

Conscious of the threat to all humanity posed by the continuing existence of nuclear weapons,

Determined to take concerted action to eliminate this threat by the only enduring means possible, the permanent removal of nuclear weapons, 

Recalling the first resolution adopted by the General Assembly [1 (i)] which sought ways “for the elimination from national armaments of atomic weapons and all other major weapons adaptable to mass destruction” and “for effective safeguards by way of inspection and other means to protect complying States against the hazards of violations and evasions”,

Underlining the unanimous conclusion of the International Court of Justice that there exists an obligation to pursue in good faith and bring to a conclusion negotiations leading to nuclear disarmament in all its aspects under strict and effective international control,

Calling attention to the undertakings given by nuclear weapon states, in the context of reviews of the Treaty on the Non-Proliferation of Nuclear Weapons, including an “unequivocal undertaking…to accomplish the total elimination of their nuclear arsenals leading to nuclear disarmament” ¬(NPT/CONF.2000/28), and a commitment “to accelerate concrete progress on the steps leading to nuclear disarmament” and to “discuss policies that could prevent the use of nuclear weapons and eventually lead to their elimination” (NPT/CONF.2010/50 Vol. I), 

Noting the Five Point Proposal made by the Secretary-General for the achievement of nuclear disarmament and complementary measures,  

Deeply concerned about the delays that have occurred in the implementation of the will of the international community, clearly and repeatedly expressed since the foundation of the United Nations, that nuclear disarmament must be pursued, as a matter of priority,   

Convinced that study should begin, undertaken by a group of 16 appropriate experts, on: the identification of the instruments required to constitute the framework of a secure world without nuclear weapons; how and in what sequence they may be best developed; how they may be verified; the structures of governance and law which would need to be developed to support this framework and to enforce it, when necessary,

1. Requests the Secretary-General to establish a Working Group, including appropriate experts, to advise on the steps which might be taken procedurally and substantively towards the elaboration of a framework of separate, mutually reinforcing instruments, or a Convention backed by a strong system of verification, which would be required to facilitate the achievement of the agreed objective of a secure world without nuclear weapons.

2. Requests the Secretary-General to report to the General Assembly at its 67th session on the progress achieved, including any recommendations made, by the Working Group.

 この秋の国連総会に向けて、中堅国家構想(MPI)は「核兵器のない世界」に向けた準備プロセスに関する総会決議案を起草した。この最新の草案(6月28日付)を資料として以下に掲載する。

====================

中堅国家構想の草案
2011年6月28日

国連総会決議(案):核兵器のない安全な世界

総会は、

核兵器が存在しつづけることによって全人類にもたらされている脅威を自覚し、

核兵器を永久に廃棄するという、唯一可能な恒久手段によってこの脅威を除去するために、協調して行動することを決意し、

総会が採択した最初の決議(1(ⅰ))が、「原子兵器、及び大量破壊に使用可能なその他すべての主要兵器の国家の軍備からの除去」と「取決めを遵守する国を違反と脱法行為による危険から守るための査察その他の手段による効果的な保障措置」のための方法を探求したことを想起し、

厳格かつ効果的な国際管理の下での、すべての側面における核軍縮につながる交渉を誠実に行い完結する義務が存在するとした国際司法裁判所の全会一致の結論を強調し、

核不拡散条約の再検討の文脈において核兵器国によってなされた、核軍縮につながる「保有核兵器の完全廃棄を達成する…明確な約束」(NPT/CONF. 2000/28)、「核軍縮につながる諸措置の具体的な前進の加速」及び「核兵器の使用を防止し、究極的にその廃棄につながる政策の検討」(NPT/CONF. 2010/50  Vol. I)、との約束に注意を喚起し、

核軍縮の達成と補完的措置に関する、国連事務総長による5項目提案に留意し、

国連創設以来、明白にかつ繰り返し表明されてきた、核軍縮が高い優先順位において追求されねばならないという国際社会の意志の履行が遅滞していることを深く憂慮し、

核兵器のない安全な世界の枠組みを構築するために必要となる法的文書の特定、当該文書の開発のための最善の方法と手順、当該文書における検証方法、並びにこの枠組みを支え、必要ならば、強制力を持たせるために開発しなければならない統治機構及び法に関する、16名の適切な専門家による研究が開始されるべきであることを確信し、

1.事務総長に対して、核兵器のない安全な世界という合意された目標1の達成を促進するために必要とされる、強固な検証システムに裏打ちされた、相互に補強しあう別々の条約の枠組みあるいは単一の条約の入念な検討のために、手続き面においても、かつ実質面においてもとられるべき諸措置に関する勧告を与えるための、適切な専門家を含む、作業グループを国連事務総長が設立するよう求める。

2 事務総長に対して、上記作業グループによる何らかの勧告を含め、同グループによって達成された進捗を第67会期総会(訳者注:2012年秋に始まる総会)において報告するよう求める。


1.事務総長の5項目提案と2010年NPT再検討会議の成果。

“Indispensable Items on Journey” Became More Visible
— Considering the Path towards a Nuclear Weapon Convention —

By Hiromichi Umebayashi
Chair, Policy Council of Japan to Abolish Nuclear Weapons (POCJAPAN)
December 12, 2010

The following is a Chair’s summary of the major points of discussion during the “Roundtable Consultation: Considering the path towards a Nuclear Weapon Convention (NWC),” held under joint sponsorship of Policy Council of Japan to Abolish Nuclear Weapons (POCJAPAN) and International Peace Research Institute Meiji Gakuin University (PRIME) on Tuesday, November 16, 2010. Hereafter, while the initial presentations by scheduled speakers are quoted by name, the Chatham House Rules are applied to other discussions. Among the scheduled speakers, Tetsuo INAMI, Secretary General of PNND Japan, could not attend due to an unfortunate time conflict between this roundtable and the House of Representatives’ voting of the supplementary budget and the following Committee on Internal Affairs and Communications, and had conveyed a sincere apology for absence.

Ambassador Nobuyasu Abe’s initial presentation was helpful for the purpose of clarifying points at issue. This summary, therefore, is written in line with his remarks, regardless the order he actually talked. I would like to express my sincere gratitude for his participation and contribution.

Amb. ABE described that there were three conditions which needed to be met to realize a NWC, namely: 1. Establishing a norm against nuclear weapons; 2. Achieving a political consensus; and 3. Compliance mechanism for prohibition. As one participant pointed out, we should understand the efforts to meet these conditions have to be made simultaneously.

1. Establishing a Norm against Nuclear Weapons

First. Amb. ABE reaffirmed that the NPT Review Conference in May had made a progress in respect of establishing a norm against nuclear weapons. He pointed out that it was very meaningful that the Conference recognized the “catastrophic humanitarian consequences of any use of nuclear weapons” and then reaffirmed “the need for all States at all times to comply with applicable international law, including international humanitarian law”. Moreover, Amb. ABE affirmed that a norm should be borne in one’s mind; and, in order for “vaccines” of Hiroshima and Nagasaki to remain effective, we need to have a “virtual booster,” not a booster such as an actual nuclear disaster caused by another nuclear use.

Likewise, Mr. Alyn Ware talked about a norm against nuclear weapons in his keynote speech. He stressed that the underlying premise was that any nuclear weapons, regardless which country possessed them, were equally wrong. He also emphasized that, in cases of both antipersonnel landmines and cluster bombs, actions were taken and negotiations were started on the basis of such a norm.

One participant commented that the problem was the lack of “a norm against threat of use of nuclear weapons,” while “a norm against use of nuclear weapons” already existed. Such a viewpoint is crucial because it criticizes a deterrence theory. Although no specific remarks were made during the consultation, it might be useful to identify the central feature to determine whether a norm is already established because the absolute majority of the public poll in many countries are in favor of nuclear abolition.

On average across 21 nations from around the world including major nuclear weapon states, seventy-six per cent of the public are in favor of a NWC, as seen in a worldwide opinion poll that is reproduced in the Peace Depot’s Nuclear Weapon & Nuclear Test Monitor (January 15, 2009). Such a result proves that a norm against nuclear weapons definitely exists. Nonetheless, those in power are not admitting it. Amb. ABE’s saying that an overwhelming international public sentiment was yet to be established could be a suggestion that something could be done to make the public sentiment more visible.

Another participant questioned whether it was possible to establish an international system to punish any of nine nuclear weapon states in case they use a nuclear weapon. In relation to this, Mr. Ware, in his keynote and other remarks, affirmed that International Criminal Court (ICC) was an appropriate institution to pursue such a purpose.

Amb, ABE pointed out that establishing a norm against nuclear weapons always involved difficult arguments over nuclear deterrence. He highly appraised the International Commission on Nuclear Non-proliferation (ICNND) and U.S. Nuclear Policy Review (NPR) for their efforts to advance develop the means to reduce the roles of nuclear weapons, such as a “sole purpose” policy. One participant called attention to the other means for the Japanese government and civil society to take, namely the establishment of a Northeast Asia nuclear weapon-free zone as a Japan’s peace policy. Such remark can also be considered to be an alternative to the Japanese government’s policy for depending upon the US extended nuclear deterrence.

Among the participants, a Japanese government official affirmed that “sole purpose” was an arena in which the Japanese government was capable of contributing to achieve positive outcomes through dialogue with the U.S. government. To this end, he said that a stable relationship with mutual trust between the Japanese and U.S. governments, including information security, was crucial, but the both were now lacking such relationship.

2. Achieving a Political Consensus

With regard to achieving a political consensus, Amb. Abe outlined the weaknesses of the Ottawa Process and Conference on Disarmament (CD), and urged an alternative, by saying that “it is about time to choose the third way.” According to him, the “third way” is to start a negotiation within a framework that involves at least five nuclear weapon states (U.S., Russia, France, China, U.K.) and, if possible, India and Pakistan. He affirmed that involving Israel and DPRK from the outset could cause more difficulties. This proposal might come out of his rich experiences in real politics as an ambassador. In this context, Amb. Abe emphasized the importance of the Obama administration’s coming into power as he declared the aim of nuclear weapons abolition in the U.S.. Amb. Abe called our attention on a recent U.S.-India joint statement that states the “need for a meaningful dialogue among all states possessing nuclear weapons” (November 8, 2010).

Aforementioned Japanese official expressed his strong support for Abe’s “third way.” He implied that the possibility of realizing a NWC would be determined by the prospects to establish a framework including five nuclear weapon states. He also explained that, within the Government of Japan, it had merely argued that time was not ripe for starting a negotiation, and there had been no further discussion over its contents. However, he said that he personally believed that discussions over the contents should begin, and, to this end, track-two process would be appropriate for the moment.

On the contrary, Mr. Ware, in his keynote speech, emphasized the critical roles that non-nuclear weapon states could play on the path toward a NWC. In 1996, International Court of Justice (ICJ) unanimously decided that the obligations under Article VI of the NPT were not only to pursue in good faith, but to bring to a conclusion negotiation leading to nuclear disarmament. He said that it logically meant that the ICJ advised to conclude a NWC. Moreover, he pointed out that such an advisory opinion was addressed to all States Parties to the NPT and obligations must be adhered to by all of them. It also became a concrete ground for NGOs to initiate drafting a model NWC. Mr. Ware described that, since 1996, the UN General Assembly resolutions known as “Malaysia resolutions” had been submitted, calling for an immediate commencement of “negotiations leading to a conclusion of a NWC,” obtained overwhelming support largely from non-nuclear weapon states, and five nuclear weapon states other than China had continued to vote against those resolutions. He reminded us that non-nuclear weapon states had been a driving force in the efforts to obtaining our current situation on this matter.. 

In addition, Mr. Ware introduced the case that major nuclear weapon states joined the negotiation process initiated by non-nuclear weapon states on the later stage. Australia, which is considered to rely heavily on the U.S. nuclear deterrence, had strongly opposed to the South Pacific Nuclear-Free Zone at first. Australia is a major power dominating the South Pacific. However, as the public sentiment in the surrounding countries had risen and some concrete developments had appeared, Australia changed its course and began to take a leading role in establishing a nuclear weapon-free zone.

Mr. Ware also pointed out that a norm against nuclear weapons could be practiced not only by initiating a multilateral negotiation toward an international treaty, but also by establishing a nuclear weapon-free zone led largely by the efforts of non-nuclear weapon states, as well as by enacting domestic law to outlaw nuclear weapons in non-nuclear weapon states. It is well–known about nuclear weapon-free zones. For example in New Zealand, national law criminalizes and imposes penalties to any person, who is a New Zealand citizen or a person ordinarily resident in New Zealand, to engage in activities, such as manufacturing or testing of nuclear weapons.

In addition to the aforementioned, participants responded variously to Amb. Abe’s “third way” proposal. “If political consensus among nuclear weapon states can be attainable, why has no one attempted to do so?,” one asked straightforwardly. Among the participants, a prominent person from the U.S pointed out that we should not overlook the fact that the U.S were making tremendous profits by possessing nuclear weapons (Thus, it is wrong to rely on the U.S). He emphasized the importance for the international community, notably civil societies, to make concerted efforts to set the “needles of compasses” into the same direction towards a NWC.

One participant asked directly like, “In which fora should such negotiation start?” However, neither Amb. Abe nor Mr. Ware could answer it with concrete terms, providing nothing more than the above-mentioned generalization. I believe that it is indeed a question that we are now finding possible answer, and that none would be ready to answer it at the current stage. 

3. Compliance Mechanism for Prohibition

It is only natural that a NWC includes an article concerning treaty compliance. Amb. Abe argued over the issues of compliance through responding some concerns and questions about a future compliance regime. He said that it could be built upon the current and future mechanisms including verification under the START between the U.S. and Russia, further enhancement of the Additional Protocol, and verification system which will be established under the future FMCT. Moreover, he said that “a world free of nuclear weapons” would be, and must be, a more cooperative world than now, and the UN Security Council needed to be improved and strengthened. Since the emergence of the Hoover initiative, many experts and NGOs had argued that “a world free of nuclear weapons” did not mean “the current world minus nuclear weapons.” Amb. Abe pointed out that the same argument was found in a recent article written by former Russian high-level officials. He also mentioned that, as an ultimate argument, some argue that states should be allowed to repossess nuclear weapons, or to maintain an arrangement enabling to rebuild a nuclear arsenal in short term (virtual nuclear arsenal), responding to the possible case of non-compliance.

Due to a time restriction, discussion on verification issues was very limited. Given that strong concerns over a norm regarding inhumanity of nuclear weapons were expressed among the participants throughout this consultation, there could have been a intenser discussion on the issues of repossession and virtual nuclear arsenal.

Lastly, I would like to thank the Japanese official for giving his candid opinions in concrete languages. He said, although the Japanese people and their government agreed on the “objective of abolishing nuclear weapons,” there existed some differences in their approaches. He raised an important point by stating, if people considered “renouncing nuclear deterrence as a precondition to move toward nuclear abolition,” discussion would not go any further. When we think about the future POCJAPAN activities, this would definitely be one theme dealt with in the Policy Council.

As the title of this Roundtable indicates, considering the “path towards a NWC,” we could find concrete hints in various categories, regarding what we need to prepare for the journey, and could deepen our thoughts. As Chair, I would like to conclude that this consultation was productive, although it was regrettable that we did not have sufficient time for discussion. I have to apologize in this regard for my poor management. As I mentioned in the Chair’s closing summary, we needed more time to exchange additional questions and objections upon receiving the first responses. In order to utilize such opportunity to facilitate a mutual understanding, there might be a room for improvement about the participants structure.

Posted by: pocjapan | Jul 18, 2011

Program of the Consultation on Nov. 16, 2010

Roundtable Consultation:
Considering the path towards a Nuclear Weapon Convention (NWC)

on Tuesday, November 16, 2010, from 6:30 – 8:30 pm
at Conference Hall, 10th Floor,Meiji-GakuinUniversity, Shirogane
co-sponsored by:
Peace Research Institute ofMeiji-GakuinnUniversity(PRIME)
Policy Council ofJapanto Abolish Nuclear Weapons (POCJAPAN)

6:30 pm  Opening of the roundtable

Key Note:
Alyn Ware(PNND Global Coordinator, MPI International Steering Committee)

Comments:
Amb. Nobuyasu ABE
(Director, Center for the Promotion of Disarmament and Non-Proliferation, Former Under-Secretary-General of the U.N. for Disarmament Affairs)
Tetsuo Inami
(Member of the House of Representatives, PNNDJapanSecretary-General)

Discussion

8:30 pm  Closing of the roundtable

Guests from abroad:
Saber Hossain Chowdhury (BangladeshMP, PNND Global Council Member)
Jonathan Granoff (PNND EX-Officio Council, GSI Representative)

Guest Plofile

 
Alyn Ware
PNND Global Coordinator, MPI International Steering Committee

Alyn Ware is the Global Coodinator of the Parliamentarians for Nuclear Non-proliferation and Disarmament. He is also a member of the International Steering Committee of Middle Power Initiative (MPI). Previously, he served as Executive Director of the Lawyers’ Committee on Nuclear Policy and the UN Coordinator for the World Court Project, which led the effort to achieve a ruling from the International Court of Justice on the legality of the threat or use of nuclear weapons. In addition to his numerous leadership positions within the peace and security field, he is co-author with Merav Datan of “Security and Survival: The Case for a Nuclear Weapons Convention”, and with Annie Doherty of “Our Planet in Every Classroom”, and has written numerous articles. In 2009, he was awarded the Right Livelihood Award.


Nobuyasu Abe
Director, Center for the Promotion of Disarmament and Non-Proliferation, Former Under-Secretary-General of the U.N. for Disarmament Affairs

After joining the Japanese Foreign Service (1967) he had a series of services in Washington, D.C. (1969-71), Geneva (1977-79), Tel Aviv (1979-81), New York (1987-90, 96-97), Manila (1990-92), Boston (Consul-General 1994-96), Vienna (Ambassador 1999-2001), Riyadh (Ambassador 2001-03) and Bern (2006-08). These assignments included a number of posts on the U.N. and other international organizations, the last being Under-Secretary-General of the U.N. for Disarmament Affairs (2003-06). He was appointed as a member of the Advisory Board to the Australia-Japan International Commission on Nuclear Nonproliferation and Disarmament. He also serves as Special Assistant to the Foreign Minister.

 
Tetsuo Inami
Member of the House of Representatives, PNND Japan Secretary-General

Tetsuo Inami serves as a Director of Committee on Internal Affairs and Communications. He was elected from Osaka No.5.


Saber Hossain Chowdhury (Bangladesh)
PNND Global Council Member

Born in Chittagong, Bangladeshon 10 September 1961, Mr. Chowdhury was first elected to Parliament in 1996. He was re-elected in December 2008 (9th Parliament) fromDhaka 9. He Chairs Bangladesh Parliament’s All Party Parliamentary Group on Climate Change & Environment (wherein 120 Hon. MPs from all Parties are Members) and is an active and influential Member of Parliamentary Standing Committee on Forests & Environment. Earlier this year, he has been elected as First Vice President of Geneva based Inter Parliamentary Union’s (IPU) Standing Committee on Peace and International Security and is also the Vice President of Asia Pacific Geopolitical Group in this Committee.

 
Jonathan Granoff
PNND EX-Officio Council, GSI Representative

Jonathan Granoff has for more than 20 years contributed his legal expertise, developed as a successful private attorney, to the movement to eliminate nuclear weapons. Mr. Granoff was elected President of the Global Security Institute after the death of the Institute’s founding president, Senator Alan Cranston (1914-2000).

Posted by: pocjapan | Dec 19, 2010

10年11月16日協議会の議長報告

見えた旅支度必携の品々
核兵器禁止条約への道を考える
2010年12月12日 梅林宏道

 以下は、核兵器廃絶日本政策評議会(POCJ)が2010年11月16日(火)にPRIMEと共催した「ラウンドテーブル協議会:核兵器禁止条約への道を考える」に関するPOCJ議長としての要約である。予定発言者の冒頭報告に関しては名を挙げて発言内容を引用したが、その他はチャタム・ハウス・ルールを適用して書いた。運悪く、補正予算と総務委員会の議決投票とぶつかったので、予定報告者であった稲見哲男議員(PNND日本事務局長)は出席できなくなったと陳謝の伝言があった。

 阿部信泰大使から、問題のありかを整理するのに有益な冒頭発言を頂いたので、話の順序にこだわらず、大使の発言を手掛かりにこの要約を書くことにした。阿部大使の参加と貢献に心から感謝したい。
 大使によると、核兵器禁止条約の実現のためには、1.核兵器禁止の規範の確立、2.政治的合意の達成、3.禁止遵守の体制の三つの要件が必要である。参加者の一人が発言したように、この三つの要件を満たすべき努力は、同時平行的なものとして理解されるべきであろう。

1.核兵器禁止の規範の確立
 まず、核兵器禁止の規範の確立について、阿部大使は5月のNPT再検討会議で前進があったことを確認した。「核兵器のいかなる使用も壊滅的な人道的結果をもたらす」という認識に引き続いて「すべての加盟国がいかなる時も国際法を遵守する必要性を再確認する」と述べていることは重要な意味を持っていると大使は指摘した。また、規範は人々の心にこそ宿るべきものである、ヒロシマ・ナガサキのワクチンが薄れないために、再び核戦争が起こって目が覚めるというブースターでなくて、バーチャルなブースターが必要であるとも指摘した。
 アラン・ウェア氏も、基調講演の中で、核兵器禁止の規範について触れたが、いかなる核兵器も、どの国の核兵器も同じくよくないということがいつも前提であり、対人地雷においても、クラスター弾においても、そのような規範において行動があり、交渉が始まったことを強調した。
 参加者の一人は「核兵器を使用してはならないという規範」は存在しているが、「使用の威嚇がよくない」と言う規範が確立していないことが問題なのではないかと述べた。これは抑止論を標的とする貴重な視点であろう。協議会での発言はなかったが、規範が確立したと言える状態を示すメルクマールは何か、という問いが大切かも知れない。ピースデポが09年1月15日号の「核兵器・核実験モニター」に世界の世論調査を図説で紹介しているが、核兵器禁止条約を支持する声は、主要核兵器国を含む21か国の平均で76%にも達している。核兵器禁止の規範はすでに存在している、にもかかわらず、一部の権力者がそれをねじ曲げているというのが、真実かも知れないからである。阿部大使が「圧倒的な国際世論が今は弱い」と指摘したことは、このことと関係して理解することもできる。
 別の参加者は、9つの核兵器保有国に対して核兵器の使用を罰する国際システムを作る可能性について質問をした。これに対しては、アラン・ウェア氏が基調報告とその後の発言の中で国際刑事裁判所(ICC)がそれを追求するために活用すべき適切な機関であると述べた。
 阿部大使は、核兵器禁止の規範の確立には、核抑止論に関する困難な議論が付きまとっていることを指摘した。また、ICNNDや米国のNPRが「単一の目的」など核兵器の役割を減じる方向に議論を進めていることを評価した。参加者は、日本政府や市民社会が、平和政策として北東アジア非核兵器地帯の設立に努力することが可能ではないかと指摘したが、その発言は核抑止論に対して日本が貢献できる対抗概念を提起したと理解すべきであろう。
 参加した日本政府関係者は、「単一の目的」に関しては、日本政府が米国と協議し成果を生むことに貢献できる分野であると述べるとともに、そのためには、情報の保全も含めて、日米の全般的な安定した信頼関係が必要であり現在はそれが欠けていると述べた。

2.政治的合意の達成
 政治的合意の達成について、阿部大使は核兵器禁止条約を対象としたときのオタワ・プロセスやジュネーブ軍縮会議(CD)の弱点を述べ、「そろそろ第3の道を」と提案した。「第3の道」とは少なくとも5核兵器国(米、ロ、仏、中、英)を含み、可能ならば印パを含む枠組みによる交渉から開始するというものである。イスラエルや北朝鮮を最初から入れようとするのは困難を生む、という判断も示された。大使の現実政治の豊富な経験から来る提案であった。その意味から、大使は最強の核保有国・米国において核兵器全廃の目標を掲げたオバマ政権が登場したことの重要性を強調し、最近の米印首脳会談における共同声明が「全ての核保有国間の意味ある対話の必要性」(2010年11月8日)を述べていることに注意を喚起した。
 参加した日本政府関係者から、「第3の道」に対する強い共感が述べられた。5核兵器国を含む枠組みの見通しが得られるかどうかが、核兵器禁止条約の現実性の判断となるというニュアンスであった。また、日本政府内では交渉開始が時期尚早であるという議論で留まっており、その内容に関する議論は行われていないという現状説明もあった。同関係者は、個人的には禁止条約の内容に関する議論を始めることは必要であり、当面はトラック2が適切であるという私見も述べた。
 しかし、アラン・ウェア氏は冒頭の基調講演のなかで、核兵器禁止条約への道には非核保有国の役割が大きいことを強調した。1996年に国際司法裁判所(ICJ)がNPT第6条で課せられた義務は単に核軍縮条約を交渉する義務ではなく、それを完結させる義務であると全会一致で判断を下したことは、論理的には核兵器禁止条約の締結を勧告した意味を持つとウェア氏は述べ、しかも、勧告は全てのNPT加盟国の義務であると全加盟国に向けられていることを指摘した。それはNGOがモデル条約の作成に取り組む強い根拠ともなった。また、96年以後、いわゆるマレーシア決議と言われる国連総会決議が「核兵器禁止条約に導く交渉」の即時開始を求めて提出され、非核保有国を中心に多数の支持を獲得していること、5つの核保有国の中では中国以外は反対姿勢を貫いてきている事実を指摘した。つまり、非核保有国が現在までの状況を生み出してきた牽引力であるという認識を私たちに想起させた。
 また、非核国が始めた交渉に大国である核兵器国が後で加わるということは可能であるとして、一つの例を説明した。米国の核抑止力に強く依存していると考えているオーストラリアは、最初は南太平洋非核兵器地帯に強く反対していた。オーストラリアは南太平洋に君臨する超大国である。しかし、周辺国の世論が高揚して具体的な動きが見えてくると、方針を転換して積極的に非核地帯設立のリーダシップをとるようになった。
 ウェア氏はまた、核兵器禁止の規範の実行は多国間の国際条約にむけた交渉だけではなくて、非核国を中心とする非核兵器地帯の設立や、非核国が国内法において核兵器を非合法化する道があることを指摘した。非核兵器地帯のことはすでによく知られているが、たとえば、ニュージーランドの国内法は、ニュージーランド国籍を持つものや通常居住するものが、核兵器の製造や実験に関与することを犯罪と定めて罰則を設けている。
 阿部大使の第3の道については、その他にも参加者からさまざまな反応があった。「核兵器国から政治的合意形成が始められるくらいなら、なぜこれまで始まらなかったのか」という素朴な疑問が発せられた。米国からの著名な出席者は、米国は核兵器保有から巨大な利益を得ているのであり、その現実を忘れてはならない(したがって、米国に頼るのは誤りである)と指摘した。彼は、国際社会とりわけ市民社会が一致して「羅針盤の針」を「核兵器禁止条約」に集めることが大切だ、と述べた。
 「交渉の場はどこから始まるべきと考えているか」という直接的な質問が発せられたが、阿部大使からもウェア氏からも、上述したような一般論を超える回答はなかった。これは今まさに煮詰まった問題意識をもって可能性が追求されているテーマであり、両者ともその場で回答をする段階にないことを窺わせた。

3.禁止の遵守
 核兵器禁止条約が条約遵守に関する条項を含むべきことは当然であるが、そこに含まれるべき体制についての不安や疑問に応える形で、阿部大使は遵守問題について論じた。米ロ間でのSTARTにおける検証、追加議定書のさらなる強化、来るべきFMCTでの検証システムなどが基礎となりうること、「核兵器のない世界」は現在よりも協調的世界でありうるし、なければならないこと、安保理の改善と強化が求められることなどが述べられた。フーバー計画以来、多くの専門家やNGOが「核兵器のない世界=現在の世界マイナス核兵器」でないと論じてきたが、最近のロシアの元高官たちが同じことを言っていることを阿部大使は指摘した。また、究極の議論としては、非遵守に備えて核兵器の再保有や短期間で再構築できる態勢(virtual nuclear arsenal)を認めるという考え方も出ていると述べた。
 時間の制約もあり、検証の問題については議論はほとんど行われなかった。しかし、協議会全体において、核兵器の非人道性規範への関心が強かったことを考えると、再保有やバーチャル保有については、多くの議論がありえたであろう。

 最後に、遵守問題と離れるが、日本政府関係者が、国民と政府とは「核兵器廃絶の目的」で一致している、しかし、現時点でのアプローチに違いがある、と忌憚なく具体論を述べて頂いたことに感謝したい。そのなかで、「核抑止論を否定しないと核兵器廃絶に向かえない」という前提に立たれると、議論がそこで止まってしまう、と述べたことは、重要な問題提起であった。POCJの開催する協議会の将来を考える上で、政策評議会が文字通り評議すべきポイントの一つであろう。

 表題に掲げたように、「核兵器禁止条約への道」を考えるときに、旅支度に不可欠な準備が、さまざまなカテゴリーにおいて具体的に見えたし、考えを深めることが出来た。議長としては、その意味で、有意義な協議会であったと総括したい。惜しむらくは、時間が少なすぎたという反省点は否めない。議長としてのまとめで述べたように、質問に対する回答に、再び質問や異論を述べるような時間が必要であると感じた。もちろん、それが相互理解を深める契機となるためには、参加者の構成について工夫の余地があるかも知れない。

Posted by: pocjapan | Dec 19, 2010

10年11月16日協議会プログラム

ラウンドテーブル
核兵器禁止条約への道を考える

日時: 2010年11月16日(火) 18時30分~20時30分
場所: 明治学院大学 白金キャンパス 本館10階大会議場
共催: 核兵器廃絶日本政策評議会(POCJAPAN)
     明治学院大学国際平和研究所(PRIME)

●開会 18:30

●発題  アラン・ウェア(MPI国際運営委員、IALANAコンサルタント)

●発言  阿部信泰(軍縮・不拡散促進センター所長、元国連事務次長)
      稲見哲男(衆議院議員、PNND日本事務局長)

●討論

●閉会 20:30

(海外参加ゲスト)
セイバー・チョ-ドリー(PNNDグローバル評議員、バングラデシュ国会議員)
ジョナサン・グラノフ(PNND特別評議員、世界安全保障研究所(GSI)代表(米))

ゲスト・プロフィール
 
アラン・ウェア 中堅国家構想(MPI)国際運営委員
アラン・ウェアはまた、「核兵器に反対する国際法律家協会」(IALANA)コンサルタント、「核軍縮・不拡散議員連盟」(PNND)グローバル・コーディネーターを務めている。2009年、ライト・ライブリフッド賞受賞。共著に、『Security and Survival: The Case for a Nuclear Weapons Convention』(日本語版:『地球の生き残り【解説】モデル核兵器条約』浦田賢治【編訳】、日本評論社)がある。ニュージーランド出身。


阿部 信泰 (財)国問研 軍縮・不拡散促進センター所長、元国連事務次長
在ウィーン国際機関代表部大使、サウジアラビア駐在大使、国連事務次長(軍縮担当)、スイス兼リヒテンシュタイン駐在大使などを歴任。核不拡散・核軍縮に関する日豪国際委員会の諮問委員会委員。国際戦略問題研究所(IISS)(在ロンドン)会員。国連軍縮諮問委員会(ABDM)委員、ジュネーブ安全保障政策センター(GCSP)諮問委員会委員。

 
稲見 哲男 衆議院議員、PNND日本・事務局長
大阪府5区選出。総務委員会理事、拉致問題特別委員会次席理事。民主党大阪府総支部連合会常任幹事、大阪府第5区総支部支部長、大阪地方自治研究センター副理事長。


セイバー・チョードリー PNNDグローバル評議員、バングラデシュ国会議員
1961年、バングラデシュのチッタゴン生まれ。セイバー・ホサイン・チョードリーは、1996年に国会議員に初当選し、2008年12月にダッカ9区において再当選した。気候変動及び環境に関する超党派議員連盟(全政党から120人の議員が参加)の議長を務める。森林及び環境に関する議会常任委員会の有力メンバーでもある。2010年には、列国議会同盟(IPU)の平和・国際安全保障に関する常任委員会の初代副議長に選任された。また、同委員会におけるアジア太平洋地政グループの副議長も務めている。

 
ジョナサン・グラノフ PNND特別評議員、世界安全保障研究所(GSI)代表 (米)
 ジョナサン・グラノフはまた、MPI執行委員、核不拡散全米弁護士協会軍備管理・安全保障委員会上級顧問、全米弁護士協会核不拡散ブルーリボン・タスクフォース共同議長である。また、ノーベル平和賞受賞者サミット上級顧問として2002年以来の同サミットに、受賞団体国際平和ビューロー(IPB)代表として参加している。そこでの共同声明起草者としても深く関わってきた。その他、核政策法律家委員会、フォーチュン・フォーラム、ジェーン・グッダル研究所などの理事や顧問を務めている。
 グラノフ氏は、受賞したドキュメンタリー映画「憲法」の脚本を手がけた他、多くの執筆をしている。数々のラジオやテレビ番組の主要ゲストやコメンテーターとしても活躍しており、議会や国連で何度も証言した。

Posted by: pocjapan | Dec 19, 2010

10年11月16日協議会への招待状

招待状

ラウンドテーブル
核兵器禁止条約への道を考える

  日時:2010年11月16日(火)午後6時30分~8時30分
  場所:明治学院大学白金キャンパス本館10階大会議場
        (東京都港区白金台1-2-37、大学のアクセス地図を添付しました。本館は正門入っ
        て正面に見える建物です。)
  共催: 核兵器廃絶日本政策評議会(POCJAPAN)
      明治学院大学国際平和研究所(PRIME)

  協力:NPO法人ピースデポ、NPO法人セイピースプロジェクト
  連絡先: 045-563-5101 ピースデポ気付POCJAPAN 梅林宏道

  発題:アラン・ウェア(MPI国際運営委員、IALANAコンサルタント)
  発言:阿部信泰(軍縮・不拡散促進センター所長、元国連事務次長)
     稲見哲男(衆議院議員、PNND日本事務局長)
  (同時通訳があります。)

 5月のNPT再検討会議で「核兵器のない世界を実現、維持する上で必要な枠組みを確立すべく、すべての加盟国が特別な努力を払うことの必要性を強調する」と全会一致で合意しました。その文脈で潘基文国連事務総長の提案した「核兵器禁止条約、あるいは相互に補強しあう別々の条約の枠組み」への言及がありました。
 このように「核兵器禁止条約(NWC)」が、はじめてNPT再検討会議における合意文書に登場するまでに、多くの国々やNGOの努力があったわけですが、さて、「核兵器禁止条約」に至る道をどのように構想することができるのでしょうか。日本の私たちにとってとりわけ強い関心事です。
 9月にNGO「中堅国家構想(MPI)」とスイス政府が共催した「熱望から現実へ」と題するNPT再検討会議後を論じる会議(ジュネーブ)で、国際反核法律家協会(IALANA)コンサルタントでもあるアラン・ウェア氏がこの問題についてコンセプト・ペーパーを出しました。幸い、ウェア氏が広島で開催されるノーベル平和賞受賞者サミットで来日するので、その機会を活用して標記のようなラウンドテーブルを企画しました。
 急な案内になってしまいましたが、ぜひご参加下さいますようお願いいたします。なお、会は招待者のみの場として運営いたします。
                 2010年10月26日
                             明治学院大学国際平和研究所所長 竹尾茂樹
                             核兵器廃絶日本政策評議会代表 梅林宏道

Posted by: pocjapan | Dec 18, 2010

ABOUT POCJAPAN

Policy Council of Japan to Abolish Nuclear Weapons (POCJAPAN)

Mission Statement

Japanese civil society, which has inherited the legacy of the A-bomb experiences, has a special responsibility to all humanity on the issue of nuclear weapons abolition. The efforts to fulfill this responsibility should proceed through civil society involving the government of Japan, not vice versa.

The new trend toward “a world free from nuclear weapons” initiated within the United States in 2007 has created a new opportunity for the nuclear abolition movement. The advent of the Obama administration has greatly contributed to widening the political space for civil society to take advantage of this opportunity. However, the recent actions of the United States government and Congress as well as the discussions during the course of 2010 NPT Review Conference show the intent of the nuclear weapon states to keep the special privilege to retain their nuclear arsenals in the longer term. Civil society must further widen the political space enabling it to extend its activities and utilize the space positively for nuclear disarmament. In the absence of such efforts, the path toward “a world free from nuclear weapons” will be again a long and narrow one.

The Policy Council of Japan to Abolish Nuclear Weapons (hereafter, “the Council”) aims to add a new element in the nuclear abolition movement of Japanese civil society.

The nuclear abolition movement within civil society gains its strength from diversity and mutual cooperation. In Japan, in particular, many movements and activities have been initiated and continued during its long history. Against this background, the Council aims to make a unique contribution, while avoiding redundancy, by putting priority on the following elements:

The Council is neither a campaign organization nor a network of such organizations, but a policy consultation and advocacy group.

1. We take as our starting point the fact that nuclear weapons are unparalleled weapons against humanity.
2. We believe that pursuing a Japanese peace policy that does not rely on nuclear weapons is crucial in order for Japan to maintain and enhance its moral authority as a nation that has experienced suffering from A-bombs.
3. We emphasize the importance of policy deliberation based on accurate information and analysis concerning the current disarmament and non-proliferation efforts by the international community, as much as possible.
4. We play a bridging role between Japanese civil society and the government through consultations, dialogues, recommendations, etc., with people such as government officials and policy makers.
5. We promote the deeper involvement of the various sectors that make up Japanese civil society in the nuclear abolition efforts in the renewed situation at present.
6. When appropriate, we disseminate information overseas in a timely manner.
(August, 2010)

=========================================

Advisers

Takako DOI
Former Speaker of the House of Representatives of Japan

Tsuneo SUZUKI
Former Minister of Education,
Culture, Sports, Science and Technology; Former President of PNND Japan

Takashi HIRAOKA
Former Mayor of Hiroshima

Hideo TSUCHIYAMA
Former President of Nagasaki University

Mitsuru KUROSAWA
Professor Emeritus of Osaka University

Councilors

Yasunari FUJIMOTO
Secretary General, Japan Congress Against A- and H- Bombs

Tadahiro KATSUTA
Lecturer, Meiji University

Akira KAWASAKI
Executive Committee Member, Peace Boat

Akira KUROSAKI
Associate Professor, Fukushima University

Kazuo MATSUI
Representative Coordinator, Physicians Against Nuclear War

Haruko MORITAKI
Co-president, Hiroshima Alliance for Nuclear Weapons Abolition (HANWA)

Keiko NAKAMURA
Secretary General, Peace Depot

Masayoshi NAITO
Board member, Japan Association of Lawyers Against Nuclear Arms (JALANA)

Takao TAKAHARA
Professor, Meiji Gakuin University

Hiroshi TAKAKUSAKI
Secretary General, Japan Council against Atomic and Hydrogen Bombs

Masafumi TAKUBO
President, Kakujyoho (Nuclear Information)

Kazuhiko TAMAKI
Vice President, Peace Depot

Terumi TANAKA
Secretary General, Japan Confederation of A-and H-Bomb Sufferers Organization

Masao TOMONAGA
Chair, Organizing Committee, Global Citizens’ Assembly Nagasaki
Professor Emeritus of Nagasaki University

Hiromichi UMEBAYASHI
Chair
Special Adviser, Peace Depot

Toshinori YAMADA
Lecturer, Meiji University

Ryo YOSHIDA
President, SAY-Peace Project

Older Posts »

Categories